社員インタビュー

マイクロコートの雰囲気を
先輩社員から聞いてみよう

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. システムエンジニア:竹下&中嵜(2016年/2015年入社)

竹下&中嵜
システムエンジニア

システムエンジニア:竹下&中嵜(2016年/2015年入社)

当社を選んだキッカケは何でしたか
中嵜:
福岡のIT企業という形で条件を絞って探しているときに、教育に力を入れているということで、安心して働けそうだなということで選びました。
実際に入社してみていかがでしたか
中嵜:
研修が終わって現場に入ったあとも先輩がしっかりとフォローしてくださったり、相談に乗ってくれたりと、しっかりと力をつけていくことができました。
当社を選んだキッカケは何でしたか
竹下:
サイトで知りまして、説明会に参加してみていろいろぶっちゃけた話をしてくださっていたり、フランクに話されていて、この会社は良いんじゃないかなと思いました。
実際に入社してみていかがでしたか
竹下:
説明会で受けた印象通り人柄も雰囲気もよく、すごく働きやすいんじゃないかなと感じました。
入社されたのはいつですか
竹下:
2016年の4月です。

中嵜:
2015年4月です。
講師になったキッカケを教えてください
中嵜:
もともと自分も入社時は講師をやるとは思ってはいなかったのですが、講師をしていた方がスケジュールが合わないということで、声が掛かってサブ講師として最初は入ることになりました。
部署や社内の雰囲気はいかがですか
中嵜:
すぐ近くにいる先輩等に質問しやすい環境になっています。
開発室にはコーヒーメーカー等も置かれていますので、メリハリをつけながら仕事ができる環境が整っています。
働きやすさや福利厚生はいかがですか
竹下:
残業した際の手当てはきちんと付きます。
有給を取得したいときも、きちんと申請して取ることができます。
会社の立地が海沿いで最上階に部屋がありますので、海などを見渡して気分転換をすることもできます。

中嵜:
資格の受験料等を会社が負担してくれたり、成長しながら働ける環境が整っているかなと思います。
残業の規制が厳しくなっている影響もあって、比較的定時で帰れる機会も多くなって働きやすくなっています。
社内コミュニティや勉強会について教えてください
竹下:
社長公認ではないですけど、それぞれ好きな人が集まって【MCCなんとか部】という風に、バイク部だったりキャンプ部だったりテニス部だったり、ゲーム部だったり麻雀部だったり。
新人と社長とで、ボードゲームをしている時期もありました。

中嵜:
有志が集まって、定時後とかに会社のマシンを借りて勉強会をしたり。

竹下:
ブロックチェーン、ビットコインの勉強会を有志でやりたい人が集まってやっています。
教育や研修体制について教えてください
中嵜:
例えばRaspberryPiと呼ばれるようないわゆる基盤系のものの講座等をマイクロコートで開催することもあったり、単純な新人教育だけではなくて、そういったハードウェアのものであったり、外国の方向けの研修あるいは中途採用の方向けに10月頃に研修を開いたりと、いろいろな研修を行っています。
帰宅後や休日は充実していますか
中嵜:会社の同僚とか、隣にいる竹下君とかも誘って何名かで飲みに行ったりとか、大学時代の仲間と集まってバーベキューしたり飲み会したり、という風なイベントを定期的に開催して、一緒に遊んだり食事したりということをしています。

竹下:
家の中でできる趣味、ゲームだったりアクアリウムだったりを楽しんでいます。
休日は、会社の先輩にもバイクに乗っている方がいて一緒にツーリングに行ったり、キャンプにも行ったり、いろんなご当地を巡ってご当地グルメを食べたりして楽しんでいます。
普段はどんなお仕事をされていますか
中嵜:
システムエンジニアとしての開発を行うことと、あともうひとつはサブ講師として研修事業にも関わっています。
教育のほうでは主に4月から3ヶ月間、新人研修の期間にサブ講師として、教育を円滑に進めていくサポートとしての仕事を行っています。
新人向けの教育に関してはJava言語、あとはServlet/JSPという、ユーザーが使うマシンとサーバーとあるうちのサーバー側で使われるJava等を主に教えています。
またその中でhtmlとかJavaScriptといった、関連したものも扱っていくこともあります。
普段の開発に関してはもちろんJavaも扱っていくのですが、VB.NETやC#というように幅広い言語で開発を行っています。

竹下:
企業向けのシステムの開発を行っています。
私は設計・製造・テスト・保守の範囲の作業をしています。
どんなところにやりがいを感じますか
中嵜:
教育のほうで言いますと、最初4月はまだ新人さん達みんな緊張している状態なのですが、地場の中小企業の方が研修に来ていることも多いこともあって、研修を終えて現場で働いている姿というのを見たときにやりがいを感じます。

竹下:
プログラムを書くことが好きなので、自分でこつこつプログラムを書いて機能をシステムとしてどんどん繋げていって、大きなシステムとなってきれいに動いたときが一番やりがいを感じます。
辞めたいと思ったことや苦労したことはありますか
中嵜:
今までで一番大きなトラブルが起こった際に、当時のリーダーが体調を崩されて、繰り上がりという形でまったく右も左も分からないような成り上がりでプロジェクトリーダーをやることになった際に、泊り込みに何日かなりながら作業がなかなか終わらない状態のときは辞めたいなと思いました。
どうやって乗り越えましたか
中嵜:
抱え込まなくていいよと言ってもらえまして、先輩たちの助けを借りながら少しずつ作業がこなせるようになってきて、当時の大炎上していたものも無事に収束させることができました。
辞めたいと思ったことや苦労したことはありますか
竹下:
プライベートでちょっと悩んでいる時期に、ちょうど携わっていた案件がトラブル続きでいろいろと問題が起きてしまっている中で、先輩社員が辞めていったり、自分の作業量がどんどん増えてしまい、会社にいる時間がどんどん長くなっていった時に辞めたいなと感じました。
どうやって乗り越えましたか
竹下:
プロジェクト外の方などにも作業を引き取って頂いたりして、なんとか終わらせることができました。
今はトラブルが起きても、同じ会社の仲間と助け合いができる環境だと分かったので、前向きに仕事を続けることができています。
これから応募される方へ伝えたいこと
中嵜:
ありがたいことに受講する企業さんも増えてまして、講師のほうも人手が足りないような状態になっています。
マイクロコートで行っている研修もそうですし、社外で行っている研修等にも参加できる機会もあります。
資格取得の支援等も行っていますので、そこをきっかけとしてどんどん勉強していくぞというやる気のある方は、ぜひ入社していただけたらなと思います。
よろしくお願いします。

竹下:
マイクロコートの魅力は私は社員の人柄の良さや、社内の雰囲気の良さだと思っています。
また勉強会やサークルといった、社員同士の繋がりなどもたくさんありますので、そういう環境に興味がある方は応募してみて欲しいと思います。
最後にメッセージをどうぞ
中嵜:
たくさんチャンスをもらえる会社です。

竹下:
一緒に

中嵜:
会社を

竹下&中嵜:
盛り上げていきましょう!