社員インタビュー

マイクロコートの雰囲気を
先輩社員から聞いてみよう

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. システムエンジニア:永尾(2012年入社)

永尾
システムエンジニア

システムエンジニア:永尾(2012年入社)

普段どんなお仕事をされていますか
現在は大手様の客先常駐として、金融系のシステムのパッケージのカスタマイズを担当させて頂いてます。
営業支援ツールの開発をしており、私が担当しているフェイズとしてはお客様先のエンジニアの方が要件定義をされるので、それを元に概要設計を起こして詳細設計書を書いて、プログラミングをしてそれの単体テストと社内での結合テスト、それから現地での結合テストというフェイズを担当しております。
メインで使っているのはVB.NETだったり、あとはAndroidのJavaですね。
どんなところにやりがいを感じますか
要件定義から設計書を起こすときに、こうした方がより使いやすいものになるんじゃないかというものを設計のときに提案させて頂いて、それが通ったときにやりがいを感じます。
入社されたのはいつですか
2012年の4月入社です。
当社を選んだキッカケは何でしたか
就職活動をしていて福岡で探していたので、福岡の企業にシステムを提供できるというところを探していたら当社を見つけました。
先輩の話があって、その先輩方が魅力的だったというか話してて楽しくなったというか、すごいできるオーラを感じて、そういう人になってみたいなというのと、そういう人と一緒に働きたいなというのがありました。
システムエンジニアを目指すキッカケは何でしたか
もともとはもっと機械の例えば自動車とか、ほんとに機械系を最初はやりたいなと思ってたんですけど、ものづくりがしたいというときに、高校でパソコンを使った情報授業の際、ああパソコンの中で作るシステムもものづくりだなと、いうところからシステムエンジニアという職種について調べだしたという感じです。
スキルアップに関して意識していることはありますか
業務で使っている言語だったりはもちろん使っている中でもスキルアップするし、その言語でも未だに使ったことないものとかを調べてみたりとか、あとはまったく業務では使わない言語だけども興味があるなだったり、業界として注目が集まっている言語みたいなものは調べたり、触ってみたりというのはちょこちょこやっています。
最近はJavaScriptも使うようになったり、AIで需要が高まっているPythonの環境を作ってみたり、あとはAndroidという点で最近Kotlinという言語がGoogleが公式でAndroid用の言語としてサポートする動きがあって、知ってたら開発に協力できるのかなというのがあったので、調べて触ってみたりしました。
辞めたいと思ったことや苦労したことはありますか
残業がすごい多かった時期というのは苦労しました。
自分の仕事は定時内で終わらせて、その後自分の会社に戻って後輩たちが作ったもののレビューをする流れが続いたときは結構忙しかったのもあって苦労はしました。
どうやって乗り越えましたか
後輩のレビューだけじゃなく指導もして、レビュー時間を減らすというか何度も再レビューが起きないように後輩の自力を上げていくというところを意識しながらレビュアーとして参加した形ですね。
だんだんとバグが目に見えて減っているような後輩もいたり、実際にめきめきと力をつけてくれた後輩たちもいるので、そこは嬉しく感じますね。
部署や社内の雰囲気はいかがですか
後輩とかが分からない時でも自分から積極的に質問だったり話しかけてきてくれますし、こちらからも顔色をうかがって、固まってるな、考え込んでるなみたいなときに、上の先輩方がちゃんと声をかけるというような雰囲気があると思います。
帰宅後や休日は充実していますか
ここ一年くらい新日本プロレスにちょっとハマりまして、プロレス観戦をわりとやっています。
全8試合、2時間とか3時間とか結構あるので、それで割とごはん食べながら夜寝る前くらいまでになっちゃったみたいなことはあります(笑)
家族も一緒に楽しんでくれているので、それでたまに福岡で試合があるというときに一緒に観に行ったりとか、ということはしています。
これから応募される方へ伝えたいこと
先輩後輩関係なく何でも質問だったり相談できる雰囲気がありますし、社員同士の仲が良いので、一緒にキャンプに行ったりする人もいたり、一緒に飲みに行ったり、けっこう楽しくさせて頂いてます。
ただプロレスに誘っても、観に来てくれないです(笑)
もし興味のある方がいらっしゃったら、ぜひ会社を見に来てください。
最後にメッセージをお願いします
経験豊富なエンジニアも多く、一緒に成長できる環境です。
ぜひ、良いシステムを作っていきましょう。
そして、プロレスにも行きましょう!